05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



更新止まってました( ゚д゚)


何かの拍子に更新しないと、そのまま止まってしまう……




ブログ更新なんてそんなもんですかね?笑







さと、今日は変わった水草をひとつ






ぷかぷか浮くのは、オテリア・メセンテリウム



あの難しいと言われているオテリアです。





原産地はスラウェシ。

自然界では超アルカリ性の湖に生えてるとか……



まあ、ひょんな事から手にして、手に入れてしまったのです(´o`

私には手に負えなさそうな水草なのは間違いありません。




して、何故オテリア・メセンテリウムが難しいとされているのか……



特殊な自生地のほかにも、移送に弱く、溶けやすい、腐りやすい、立て直しが難しい、など、とりあえず難しいんです。




とりあえず、溶け腐った葉や根をとったらみすぼらしく……






オテリアの育成のコツはとりあえずどれだけうまく立て直しできるかみたいですね。



一先ずはラピュタ作戦で行きます(今命名)





新しい根が出るまで浮かせる感じです。


とりあえず2パターンの浮かせ方で様子見です。





今日はカエルの記事を一つ。



現在カエルは、ベルツノガエル、イエアメガエル、あとは夏頃に沖縄で採取して来たオタマジャクシがカエルになった3種類の合計6種程います。


沖縄のカエルについては、そのうち紹介するのでおいときまして。


さて、本題ですが題名のカエルの痙攣。



とあるカエル飼育の本に、「カエルを飼っているとたまに後肢の痙攣がみられる」とありました。


また、インターネット等でも調べると意外と経験されている方がいる、症状だったりします。



さて、その痙攣ですが、残念ながら我が家のカエルでも起きてしまいました。





水の中で後肢を伸ばした状態でひっくり返ってしまっているカエル。



後肢の痙攣と言うよりも酷い時は、全身がピクピクと痙攣している時もあります。





陸上に上げても後肢は伸びきった状態です。


前肢はなんとか動かす事ができ、匍匐前進のように歩いています。






そして、少し時間が経つと……






ケロっと、何も無かったかのように行動しだします。



しかし、この後肢の痙攣は場合によってはそのまま死に至る事もあるらしいです(何かで聞いた話なので違うかもしれませんが……)




さて、その後肢の痙攣の原因。


良く言われるのは、栄養のバランスの偏りや、カルシウム不足。


考えてみれば、このカエルに与えている餌はショウジョウバエのみです。

そしてカルシウムはたまに気がついた時にショウジョウバエにまぶしてあげるだけなので、確かにカルシウム不足の可能はあります。


また、水を変えると治ると言うこともあるらしいですが……(水が汚い等が原因で痙攣が起きるから?)

それは実際にはどうなのかはわかりませんね。



一先ず我が家のカエルにはカルシウムをもう少し多くあげるべきなのかもしれません。


動物病院でも、カエルなどを診察してくれる所は限られ(私が知ってるのは愛知県に一つ)、簡単に病院に連れて行くことはできないので、痙攣もそうですが、事故による怪我や病気を、起こさない、起こさせないのが一番です。
なかなか難しいですが、それが飼育者にとって当たり前の事ですね(´・Д・)」



今回の後肢の痙攣等の対策や原因は、私が調べた限りでの話なので、カエルの種類や飼育環境、飼育衛生、病気等により、原因が変わると思います。
参考程度に思ってください。








  • このエントリーのカテゴリ : その他


ちょい空きましたが、更新頑張ります。



こんな魚も飼っています。







メダカさん。



勿論日本のメダカではなく、オリジアス(Oryzias)。


まあ、日本のメダカもオリジアスの一種なのですが……





写真のはオリジアス・ネオンブルー。



水槽が緑色(苔の所為で)なので、写真写りが悪いですが、発色はいい感じだと思います。


光の当たり具合で、身体の表面が青白く光りますし。

同じ仲間のオリジアス・ウォウォラエとはどのように発色等が違うのかは、比較対象のウォウォラエがいないのでわかりませんが、知り合いに持っている方がいらっしゃるので、増えたら交換して貰えたらいいなぁ~……



と考えていたりいなかったり……


もしウォウォラエが手に入ったら記事にしてみます。



因みに子供も取れてはいますが、私の所では漠殖とはいかず、ちまちまとがんばっております。









さて、最近というか更新を再開する前の3月以前から、ブログの記事が魚から遠ざかってきているので、今日は魚の記事でも。





アピストグラマ・アガシジィ・ファイヤーレッド


まぁ、記事にもした、前から飼っているアピストです。






こちらは、アピストグラマ・ボレリー・イエローフェイス

カメラで撮った写真が無かったので、スマホで急遽撮影。汚いのはご愛嬌で。









カメラでも写真がうまく撮れない……


一応繁殖に成功してます。


ファイヤーレッドは3世代目。
イエローフェイスは1世代目。

そして、残念な事に、イエローフェイスの雌がまさかの今日☆になっていたと言う……



アピストは子供は取れるのですが、何故か親の片方が☆になってしまう……



20cmキューブでは流石に厳しいのでしょう(´・Д・)」










日付が変わっての更新に……



昨日のイエアメさん。


実は増えてます。



数だけが(´・Д・)」






繁殖したわけではありません。

あの大きなイエアメ2匹はまだ成熟し切ってないのか?それとも雌雄揃ってないのか分からないので保険で手に入れました。


実はこれまた、今年の夏のアクアリウムバスで。

オタマジャクシを8匹ほど。


途中1匹が☆になりましたが、現在は5ヶ月程経ち、残りの7匹はだいたい3~4cm程まで成長しました。





これはカエルになって1~2週間ぐらいの時。




イエアメガエルは成熟するまで早くて1年半らしいので、最初の2匹でダメだった場合は、来年に繁殖チャレンジです。





  • このエントリーのカテゴリ : その他
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

oga

Author:oga
もう直ぐ30の牛飼い見習い

2011年の7月終わりにミドリフグと出会い、そこから熱帯魚飼育が始まった。
残念ながらもうミドリフグは飼育していません……現在は主に熱帯魚、水草と熱帯魚全般から少し上陸してカエルを数種類(魚より力入ってるかも?)と幅広く手を出してアップアップだったり……でも楽しい


リンクフリーですお好きにどうぞ(コメントに一言入れてもらえると助かります、相互リンクもさせて頂きます)

只今私的な事情によりコメント返信が遅くなっております
ご理解頂けると助かりますm(_ _)m


Twitter:oga_oga_gaooo
気が向いたらフォローしてください。

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

カウンター

 
 

リンク

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3870位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
256位
アクセスランキングを見る>>
 

検索フォーム

 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。