05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レグラス90Sの酸欠事故の考察

ここ数日、少々立て込んでいまして
少し間が空いてしまいました(苦笑)


サボりグセが復活しないようにしなければなりませんね♪(´ε`; )



本日は前回の記事で書いた事故についての、まとめです

やってしまった(´Д` )


まぁ、つまり、何故レグラス90Sで酸欠が起きてしまったかを考察するのです





まず原因は言うまでもなく




CO2の過剰添加


人為的なミスを除いた理由としては



このレギュレーター


調整バルブは決まった位置で固定してあり、ガスの出し止めはボンベ本体のバルブで行っていました


ただ、ボンベ本体のバルブでの出し止めは、どうやらガスの圧力が強すぎるのか、バルブの開放時、調整バルブで設定してある量よりも多くガスが出てしまうようです

熱帯魚用の専門用品でないのでそのためかと




続いて




この、唐辛子



白点病の治療に入れているのですが

水草にも生態(エビやナマズ系)にも影響が無いというメリットがあり、低コストなのも売りなのですが……

唐辛子に含まれるカプサイシン(の所為だと思う)は温度が高い時に残留酸素濃度を薄くしてしまい、酸欠を起こしやすいと言うデメリットがあります

(事故当時は水温27.0℃でした)



つまり、この二つの要因が運悪く重なり


CO2の過剰添加及び白点病治療の唐辛子の副作用により、予想以外にも急激に酸素濃度が薄くなったと、結論付けました



ただ、どの要因もたどって行くと、最終的には、バルブの調整忘れ、及び唐辛子の副作用のど忘れ、と、人為的なミスになったりならなかったりヽ(´o`



今後同じミスが無いように気を付けてCO2添加をして行きたいと思います



皆さんは思いがけない事故にご注意を(苦笑)




最後に一枚






ルドウィジア・トルネードいい感じに伸びてきました!コケてますが!!(;´Д`
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

oga

Author:oga
もう直ぐ30の牛飼い見習い

2011年の7月終わりにミドリフグと出会い、そこから熱帯魚飼育が始まった。
残念ながらもうミドリフグは飼育していません……現在は主に熱帯魚、水草と熱帯魚全般から少し上陸してカエルを数種類(魚より力入ってるかも?)と幅広く手を出してアップアップだったり……でも楽しい


リンクフリーですお好きにどうぞ(コメントに一言入れてもらえると助かります、相互リンクもさせて頂きます)

只今私的な事情によりコメント返信が遅くなっております
ご理解頂けると助かりますm(_ _)m


Twitter:oga_oga_gaooo
気が向いたらフォローしてください。

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

カウンター

 
 

リンク

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3870位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
256位
アクセスランキングを見る>>
 

検索フォーム

 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。