07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート「人工孵化」

レポート名:アルジーライムシュリンプにおける人工孵化について






筆記者:oga

製作日:2012.3.24


実験背景:自然界(通常の水槽内の環境もこれに準じたものとする)でのシュリンプ類の繁殖では、交尾を終えた雌は腹部の服節に卵を付着糸で固定する。
卵が孵化するまでは母海老が複肢を動かし新鮮な水を送る事で、卵の腐敗を防いでいる。
そのため、人工的な孵化に関しても、常に新鮮な水を循環させる事で、できるのでは無いかと考えた。

実験目的:アルジーライム抱卵個体の死亡及び脱卵に伴って、自然的に孵化する事が不可能となった卵を、人工的に孵化させる事を目的とす。

概要:淡水域に生息するアルジーライム及び大卵型シュリンプ類(淡水性に限る)の卵を人工的に孵化させるまでの実験をアクア素人が手探りで行う。

方法:アルジーライムシュリンプ水槽の水をプラスチック性コップに入れる。そしてゴミを取り除いた卵を入れ、常時エアレーションをかける事で腐敗を防ぎ新鮮な水を送る事とする。方法としては簡潔な方法で行った。




また、コップ内の水温に関してはコップを本水槽に浮かべ、温度を一定に保った。


結果:


約30あまりの卵の内12の稚エビの孵化に成功


詰まるところ4割の人工孵化に成功した。

簡潔な思い付きの方法でも、人工孵化はできる事が分かった。
しかし、今回の人工孵化率は低い結果となった。


考察:

人工孵化の孵化率が低くなった原因としては、自然孵化が不可能となった卵、脱卵及びママエビの☆の発見及び、人工孵化への移行の時間が関係してると考えた。
また、今回の人工孵化の方法にも問題があると思われる。
考えられる要因としては、エアレーションの泡の強さ、卵をいれる容器、容器内の水の循環などがあげられた。


課題:

今後の課題としては、人工孵化の方法の効率化を考え、容器やエアレーションを変えるなどが必要である。

しかし、根本的な物としては、ママエビの☆及び水槽内の環境を安定させ、エビの☆を出さない事が重要である。


参考過去ログ:




どうすりゃいい

人工孵化その後

人工孵化その後(その2)




後書き♪(´ε` )


と、ちょいネタ的に人工孵化のレポートを書いてみましたwまぁ、適当にですがねwww

参考にならないと思いますが、この記事を見て人工孵化をやる場合は、自己責任でお願いしますm(_ _)m



と、言うかレポートと言ったら提出でけど……何処に提出しようwww


あ、あるブログにエビ博士が出没するからその博士にでも……





今日の写真を





ラブラブなハニグラ
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール

oga

Author:oga
もう直ぐ30の牛飼い見習い

2011年の7月終わりにミドリフグと出会い、そこから熱帯魚飼育が始まった。
残念ながらもうミドリフグは飼育していません……現在は主に熱帯魚、水草と熱帯魚全般から少し上陸してカエルを数種類(魚より力入ってるかも?)と幅広く手を出してアップアップだったり……でも楽しい


リンクフリーですお好きにどうぞ(コメントに一言入れてもらえると助かります、相互リンクもさせて頂きます)

只今私的な事情によりコメント返信が遅くなっております
ご理解頂けると助かりますm(_ _)m


Twitter:oga_oga_gaooo
気が向いたらフォローしてください。

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

カウンター

 
 

リンク

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
5053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
312位
アクセスランキングを見る>>
 

検索フォーム

 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。