02 月<< 2014年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



3月は何回ぐらい更新できるのやら……



はい、私次第なんです(´・Д・)」







さて、ちょっと間が空きましたがガジョン繁殖の続きをば





昨日の記事の最後に出てきた、半人工孵化


まぁ、単純に、途中まで親に面倒を見させて途中から人工孵化切り替えて稚魚を回収して行くのです






ただこのが重要だったりしなかったり



卵の世話を親に任せると、他のガジョンに稚魚や卵が食べられたりして、稚魚が取れないと、前回の記事に書きましたが、


実は最初っから人工孵化に切り替えても、上手く行きませんでした(私的には)


途中まで親に面倒を見させてから人工孵化にしたほうが、稚魚の生存率が一番高い気がします(最初っから人工孵化でも稚魚は孵りますが孵化率が悪すぎです)





さて、卵の人工孵化のタイミングですが、どうも卵に稚魚の目が見えてからの方がいいみたいです



まあ、つまり稚魚が孵る少し前からと言う事ですね





そして、人工孵化させる際の水はやはり、親水槽の飼育水なのは言うまでもないですが、私は卵のカビを防ぐために、アクデンを入れています





こんな感じでブクブクと人工孵化




人工孵化の際に重要なのがエアレーションですが、


これがまた難しいったらもうね(´・Д・)」




強すぎてもダメだし、弱すぎてもダメ……


土管の中に水が緩やかに循環するぐらいなんですが、それは自分でやってみないと分からないので、ガジョンの繁殖(人工孵化)にチャレンジする時にいろいろ試してください



エアレーションがちょうどいいと






ワサワサ見事に孵化してくれます



これはだいたい2ヶ月ぐらい前に孵化したやつ……かな?←適当



うまくエアレーションができないと
極端に数が減る気がしますね




とりあえず今回はここまでで、




次回は孵化した稚魚の記事でも少し^ ^


スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

プロフィール

oga

Author:oga
もう直ぐ30の牛飼い見習い

2011年の7月終わりにミドリフグと出会い、そこから熱帯魚飼育が始まった。
残念ながらもうミドリフグは飼育していません……現在は主に熱帯魚、水草と熱帯魚全般から少し上陸してカエルを数種類(魚より力入ってるかも?)と幅広く手を出してアップアップだったり……でも楽しい


リンクフリーですお好きにどうぞ(コメントに一言入れてもらえると助かります、相互リンクもさせて頂きます)

只今私的な事情によりコメント返信が遅くなっております
ご理解頂けると助かりますm(_ _)m


Twitter:oga_oga_gaooo
気が向いたらフォローしてください。

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

カウンター

 
 

リンク

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
4694位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
323位
アクセスランキングを見る>>
 

検索フォーム

 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。