05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もうすぐ年が変わるまできましたね~


とか言いつつ毎日やる事は変わらない日々です( ゚д゚)





さて、そんな変わらない日々の中で変化が……?






んん?







あ、なんかつぼみが( ゚д゚)






少し前にカエル用のテラリウム(っていいのか分からないですが)に入れるツタ系?の草を頂いたのですが……



それに蕾が出来てきたようです


因みに草の名前は忘れたと言うか分からないんだからしょうがない。




頂いて植えてから、全然伸びないなぁ~とか思っていたのですが花を咲かせる準備だったんですかね?




うまく咲いてくれるといいなぁ



と思いつつ、私の記憶ではこう言った草と言うか大抵の植物は蕾が出来ても咲かすまで管理が上手くできなかった記憶が♪(´ε`; )


頑張るしかないのかな……?
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : その他



今日はカエルの記事を一つ。



現在カエルは、ベルツノガエル、イエアメガエル、あとは夏頃に沖縄で採取して来たオタマジャクシがカエルになった3種類の合計6種程います。


沖縄のカエルについては、そのうち紹介するのでおいときまして。


さて、本題ですが題名のカエルの痙攣。



とあるカエル飼育の本に、「カエルを飼っているとたまに後肢の痙攣がみられる」とありました。


また、インターネット等でも調べると意外と経験されている方がいる、症状だったりします。



さて、その痙攣ですが、残念ながら我が家のカエルでも起きてしまいました。





水の中で後肢を伸ばした状態でひっくり返ってしまっているカエル。



後肢の痙攣と言うよりも酷い時は、全身がピクピクと痙攣している時もあります。





陸上に上げても後肢は伸びきった状態です。


前肢はなんとか動かす事ができ、匍匐前進のように歩いています。






そして、少し時間が経つと……






ケロっと、何も無かったかのように行動しだします。



しかし、この後肢の痙攣は場合によってはそのまま死に至る事もあるらしいです(何かで聞いた話なので違うかもしれませんが……)




さて、その後肢の痙攣の原因。


良く言われるのは、栄養のバランスの偏りや、カルシウム不足。


考えてみれば、このカエルに与えている餌はショウジョウバエのみです。

そしてカルシウムはたまに気がついた時にショウジョウバエにまぶしてあげるだけなので、確かにカルシウム不足の可能はあります。


また、水を変えると治ると言うこともあるらしいですが……(水が汚い等が原因で痙攣が起きるから?)

それは実際にはどうなのかはわかりませんね。



一先ず我が家のカエルにはカルシウムをもう少し多くあげるべきなのかもしれません。


動物病院でも、カエルなどを診察してくれる所は限られ(私が知ってるのは愛知県に一つ)、簡単に病院に連れて行くことはできないので、痙攣もそうですが、事故による怪我や病気を、起こさない、起こさせないのが一番です。
なかなか難しいですが、それが飼育者にとって当たり前の事ですね(´・Д・)」



今回の後肢の痙攣等の対策や原因は、私が調べた限りでの話なので、カエルの種類や飼育環境、飼育衛生、病気等により、原因が変わると思います。
参考程度に思ってください。








  • このエントリーのカテゴリ : その他



日付が変わっての更新に……



昨日のイエアメさん。


実は増えてます。



数だけが(´・Д・)」






繁殖したわけではありません。

あの大きなイエアメ2匹はまだ成熟し切ってないのか?それとも雌雄揃ってないのか分からないので保険で手に入れました。


実はこれまた、今年の夏のアクアリウムバスで。

オタマジャクシを8匹ほど。


途中1匹が☆になりましたが、現在は5ヶ月程経ち、残りの7匹はだいたい3~4cm程まで成長しました。





これはカエルになって1~2週間ぐらいの時。




イエアメガエルは成熟するまで早くて1年半らしいので、最初の2匹でダメだった場合は、来年に繁殖チャレンジです。





  • このエントリーのカテゴリ : その他

人は2週間だか3週間同じ事を続けると、習慣づくんだとか……


とりあえず連続で更新してますが、2週間以上とか、まぁ無理でしょう (´σー`)


今日もダラダラ更新です。






このカエル。

オーストラリアなんかに生息しているイエアメガエルさん。


去年の12月の1日(まるまる1年前)のアクアリウムバスで買ったカエルです。

因みにブルー体色の個体(常に青くないですが)





さて、買った当初は2cmの可愛いカエルだったのですが、今では……





ご覧の大きさに( ゚д゚)





大型のツリーフロッグ(木上で生活するカエル類の事)なのは知っていましたが、予想よりもでっぷりとしてきました。


しかも鳴きます。

結構いい声で。



因みに最大では10cm近いとか……まだまだ育ち盛です。

  • このエントリーのカテゴリ : その他


今日も頑張ります=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)



昨日に続いて今日も食虫植物。



今日はこちら。








ウトリクラリア(Utriclarea)

和名ミミカキグサで、日本にも自生している種類があるとか。

タヌキモの仲間でもあります。



人によってはこの写真でわかるかもしれませんね。


水草で使われているウォーターローンも実はミミカキグサです。


因みにこちらが水上栽培したウォーターローン




前にウォーターローンが咲かせた花は、これまたタヌキモが咲かせた花と同じ形でした。


ウトリクラリアは湿った所に自生し食虫植物であるため、捕虫嚢を持ちます。
ただ非常に小さい草であるので、微生物とかミジンコとか小さい虫をたべるんですかね?





ウォーターローンはもともと水草として維持してきましたが、今回のはオークションにて5種ほど手に入れました。


オークションなのでまだまだ少量なので、先ずは増やしてから花を咲かせなくては行けません( ̄◇ ̄;)


ウトリの花の写真は数ヶ月後にでも……





  • このエントリーのカテゴリ : その他
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

oga

Author:oga
もう直ぐ30の牛飼い見習い

2011年の7月終わりにミドリフグと出会い、そこから熱帯魚飼育が始まった。
残念ながらもうミドリフグは飼育していません……現在は主に熱帯魚、水草と熱帯魚全般から少し上陸してカエルを数種類(魚より力入ってるかも?)と幅広く手を出してアップアップだったり……でも楽しい


リンクフリーですお好きにどうぞ(コメントに一言入れてもらえると助かります、相互リンクもさせて頂きます)

只今私的な事情によりコメント返信が遅くなっております
ご理解頂けると助かりますm(_ _)m


Twitter:oga_oga_gaooo
気が向いたらフォローしてください。

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

カウンター

 
 

リンク

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
5125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
339位
アクセスランキングを見る>>
 

検索フォーム

 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。